iPhone向けの格安SIMおすすめ7選|乗り換え手順や設定の注意点も解説

  • 2023年12月1日
  • 本記事には広告が表示されます
iPhoneにおすすめの格安SIM
\安くて速い!5分通話無料/ ahamo公式

今回の記事では、iPhone向けのおすすめ格安SIMをランキング形式で紹介します。

乗り換え手順や設定の注意点も解説するので、格安SIMを探しているiPhoneユーザーはぜひチェックしてください。

iPhoneにおすすめの格安SIM
  • 楽天モバイル
    データ容量・価格・速度・通話どれをとってもコスパがいい
  • ahamo
    通信速度が速く、通話5分以内無料、結果安い
  • y.uモバイル
    料金が安くて、データ繰り越しできるから使い勝手がいい
iPhoneにおすすめの格安SIM
  • 楽天モバイル
    データ容量・価格・速度・通話どれをとってもコスパがいい
  • ahamo
    通信速度が速く、通話5分以内無料、結果安い
  • y.uモバイル
    料金が安くて、データ繰り越しできるから使い勝手がいい
格安SIM申し込み月額料金データ量速度(通信制限時)手数料
楽天モバイル
楽天モバイル
公式サイト1,078〜3,278円3GB最大1Mbps0円
2,178円20GB
3,278円無制限
ahamo
ahamo
公式サイト2,970円20GB最大1Mbps0円
4,950円100GB
y.u mobile
y.u mobile
公式サイト1,070円~4,170円5GB〜20GB最大128kbps3,300円
LINEMO
LINEMO
公式サイト990円3GB最大300kbps0円
2,728円20GB1Gbps
mineo
mineo
公式サイト1,298円〜2,178円1GB〜20GB最大200Kbps登録手数料:3,300円
SIMカード発行手数料:約440円
660円無制限最大300kbps
990円無制限最大1.5Mbp
2,200円無制限最大3.0Mbps
IIJmio
IIJmio
公式サイト850円〜2,000円2GB〜20GB​最大200kbps~300kbps
登録手数料:3,300円
SIMカード発行手数料:約433円
ワイモバイル
ワイモバイル
公式サイト2,178円〜4,158円3GB〜25GBシンプルM/L:最大1Mbps
シンプルS:最大300kbps
3,300円
auひかりユーザー必見!
auひかり×UQモバイル自宅セット割

\お得なキャンペーン実施中!/UQモバイル公式を見る
auのお得な最新人気機種
auのキャンペーン
順位1位2位3位4位
機種Xperia 5 V
Xperia 5 V SOG12
Google Pixel 7 Pro
Google Pixel 7 Pro
Google Pixel 8
Google Pixel 8
Galaxy A23 5G
Galaxy A23 5G
価格57,810円~35,960円~27,207円~80円~
特徴ちょうどいい
ハイスペック
今流行の
人気機種
ユニークな機能が
超人気
安くて安全
最低限で充分
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
【必読】auオンライン購入から自宅受け取りして初期設定するまでの手順

iPhone向けおすすめ格安SIMの選び方

iPhoneにおすすめの格安SIMを選ぶポイント

今回紹介したランキングの根拠について、どういった観点でランク付けをしたのかを説明します。

主に重視したのは以下のポイントです。

ギガ数と料金のバランス

料金

格安SIMに乗り換える一番のメリットは、やはり料金が安くなること。今回のランキングでも料金面は重視しました。

格安SIMは大手キャリアと比較すると、月々の料金とデータ通信量の上限の組み合わせがとても柔軟です。

また、2021年に行われた株式会社MM総研の調査では、スマートフォン利用者の内6割の人が月々のモバイルデータ通信は3GB以内に収まっているという結果もあります。

そのため、今回のランキングでもデータ容量の上限は控えめでも、料金が圧倒的に安い格安SIMを選びました。

大容量でも料金が安いことを売りにした格安SIM(ahamo、NUROモバイルなど)もあるので、用途や使用方法によってはそうした会社の方がおすすめです。

初期費用

格安SIMの新規契約にかかる初期費用は0円~4,000円程度と幅があります。

決して高額ではありませんが、初期費用がかかるかかからないかで、2年間の実質利用料金で考えると毎月130円の差が生まれてしまいます。数100円の差で競い合っている格安SIMだと、この差は大きいですね。

初期費用無料の格安SIMは、LINEMO、ahamo、povo、ワイモバイル(オンライン申し込みの場合)など、大手キャリアのサブブランド・オンラインブランドに多い傾向です。

iPhoneでコスパの良い格安SIM
  • 楽天モバイル
    他社20GBプランとほぼ同額でデータ無制限
  • LINEMO
    3GBプランが安く、LINEをよく使う人ほどお得になる
  • y.uモバイル
    全体的に料金が安く、月額無料などの割引も優れている

通話料金

通話

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、通話料金がどうなるのかを心配する人も多いと思います。

格安SIMでは基本料金を抑える一方で、通話に関しては「かけ放題オプション」を用意している会社がほとんどです。

iPhoneユーザーで5分以内の無料通話が一番おすすめなのは「ahamo」です。プラン料金に組み込まれているので追加料金なしなので非常にお得です。

5分以内かけ放題が安い格安SIM
10分以内かけ放題が安い格安SIM
無制限かけ放題が安い格安SIM

iPhoneで一番お得に通話できるのは、やはり楽天モバイルで専用アプリを使った無料通話となります。

もちろんLINEの通話しか使わないという方でも、データ無制限で一番コスパが良いのは楽天モバイルなので、どちらにしてもおすすです。

専用アプリを使うのが面倒、楽天モバイルは嫌だという方で一番安いのはahamoでしょう。

データ容量の少ない格安SIMの場合、通話が高くなりがちなですね。

信頼性

bad

格安SIMの利用者が増えるにつれ、提供している会社の数も一時期に比べて非常に増えました。

中には、信頼性が低く長期で利用するには不安を感じるちょっと「怪しい」会社も存在します。

今回のランキングでは、できたばかりの新しすぎる会社や、運営元がハッキリしない会社、怪しい評判の多い会社などは除外しました。

大手キャリアから乗りかえる上で、安心して利用できるかどうかは重要なポイントです。

サポートの手段が多いかどうか

信頼性という意味では、サポート手段が多いかどうかも重視しました。

大手キャリアのメリットのひとつに実店舗サポートがありますが、格安SIMでも実店舗での対面サポートを受けられる会社があります。

店舗における対応
  • ahamo・LINEMO・povoはオンライン限定なので注意!
    ※店舗での対応も可能だが手数料が発生します。
  • 楽天モバイル・ワイモバイルは店舗が多く安心
  • 格安SIM全般、キャリアのようにスタッフに相談することが難しい

IIJmioは全国の家電量販店で即日開通手続きはできますが、困った時のサポートなどが受けられるわけではありません。

速度の安定性

speed

iPhone向けの格安SIMランキングでかなり重視しているポイントは、速度の安定性です。

折角ハイスペックなiPhoneを使っていても安定しない通信では物足りないですよね。

回線速度が速くて安定している格安SIMを選ぶ様にしましょう。

光回線申し込み平均ダウンロード速度平均アップロード速度平均Ping値測定件数
ahamo
ahamo
公式サイト102.86Mbps12.36Mbps50.28ms11,572件
LINEMO
LINEMO
公式サイト82.96Mbps18.98Mbps45.21ms3,441件
ワイモバイル
ワイモバイル
公式サイト72.8Mbps14.92Mbps41.87ms12,961件
y.u mobile
y.u mobile
公式サイト54.25Mbps11.07Mbps62.12ms1,090件
楽天モバイル
楽天モバイル
公式サイト50.9Mbps28.64Mbps50.96ms4,971件
mineo
mineo
公式サイト41.24Mbps10.15Mbps71.57ms13,746件
IIJmio
IIJmio
公式サイト39.2Mbps8.99Mbps74.1ms10,291件

格安SIMの場合は、利用者が増えることによって回線が混雑し速度が遅くなる場合も。

長期で利用することを考えているのであれば、対応力のある大手キャリアのサブブランド系がおすすめです。

期間限定キャンペーン

campaign

格安SIMや格安スマホプランでは、キャリアのような大きな割引やポイント還元はあまり行われていません。

とはいえキャンペーンが全くないわけではなく、タイミングによっては「1年間月額0円」といった限定特典を行うこともあります。

こればかりはタイミングになってしまいますが、新プランが追加されたタイミングや新機種が発売されるタイミングなどにチェックする事をおすすめします。

キャンペーンがお得な格安SIM
  • ahamo
    5,000〜10,000ptの還元を実施している
  • LINEMO
    月額が4〜12ヶ月実質無料になる
  • 楽天モバイル
    iPhoneの割引が高額、初月無料

限定キャンペーンの有無で、実質的な料金は大きく変わってきます。

iPhoneを少し手も低コストで使える様に、しっかり確認をしましょう。

iPhone向けの格安SIMおすすめランキング7選

iPhone向けの格安SIMおすすめランキング

楽天モバイル

楽天モバイル
iPhoneにおすすめの格安SIM1位
  • Rakuten Linkで国内通話0円
  • 国内の通信エリアどこでもデータ高速無制限
  • iPhone分割支払いで実質半額
  • iPhone購入で最大19,000pt還元
  • Android購入で最大44,000円相当分お得
  • 3GB:1,078円
  • 20GB:2,178円
  • 無制限:3,278円
  • 月額料金:1,078円~3,278円
  • 通信方式:4G・5G
  • 速度制限時の通信速度:最大1Mbps
  • 事務手数料:0円
  • 違約金:0円
通信速度が速い。キャンペーンが高額でいつでもお得。データ無制限に使えるプランとしては最安級。

ahamo

ahamo
iPhoneにおすすめの格安SIM2位
  • 乗り換えでdポイント8,000pt還元
  • Netflixなどの利用で最大20%分のdポイントが還元される爆アゲセレクション
  • 5分以内の通話すべて無料
  • 海外データ通信20GBまで無料
  • 80GB追加できる大盛りオプション
  • ahamoとディズニープラス同時契約で3,990pt進呈
  • 20GB:2,970円
  • 100GB:4,950円
  • 平均実効速度:102.86Mbps
  • 速度制限時の通信速度:最大1Mbps
  • 事務手数料:0円
  • セット割の有無:dカードで+1GB/月、dカードGOLDで+5GB/月
  • 違約金:なし
  • iPhone販売の有無:最新機種の新品
格安SIMの中で最高峰の速度。安い料金と通話5分無料が嬉しい。

y.uモバイル

y.u mobile
iPhoneにおすすめの格安SIM3位
  • 月額料金最大4カ月無料
  • 余ったギガは100GBまで永久繰り越し
  • 5GB:1,070円
  • 10GB:2,970円
  • 20GB:4,170円
  • 通信方式:4G
  • 速度制限時の通信速度:128kbps
  • 事務手数料:初期手数料:3,300円
  • iPhone販売の有無:中古品のみ
月額最安級でデータ容量の繰り越しが出来る。U-NEXTのセットがお得!

LINEMO

LINEMO
iPhoneにおすすめの格安SIM5位
  • 新規orMNPで「ミニプラン」が最大半年無料
  • MNPかつ「スマホプラン」契約でPayPayポイント10,000円分プレゼント
  • 3GB:990円
  • 20GB:2,728円
  • 通信方式:4G、5G
  • 速度制限時の通信速度:最大300kbps~1Mbps
  • 事務手数料:登録手数料:無料
  • iPhone販売の有無:ソフトバンクでお得に購入可能
大型キャンペーンで実質料金は最安クラス

mineo

mineo
iPhoneにおすすめの格安SIM6位
  • 3カ月間110円で使えるキャンペーン
  • MNPで端末価格最大15,400円引き
  • 1GB:1,298円
  • 5GB:1,518円
  • 10GB:1,958円
  • 20GB:2,178円
  • 無制限(最大300kbps):660円
  • 無制限(最大1.5Mbp):990円
  • 無制限(最大3.0Mbps):2,200円
  • 通信方式:4G、5G
  • 速度制限時の通信速度:最大200kbps(無制限コースは除く)
  • 事務手数料:登録手数料:3,300円、SIMカード発行手数料:約440円
  • iPhone販売の有無:iPhone SE(第2世代)、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 12
通信量無制限プランあり!端末もお得に購入可能

IIJmio

IIJmio
iPhoneにおすすめの格安SIM7位
  • IIJmioひかりとセットで光回線料金が初期費用+最大6ヶ月無料
  • 対象スマホ購入で最大10,000円分のギフト券プレゼント
  • 2GB:850円
  • 4GB:990円
  • 8GB:1,500円
  • 15GB:1,800円
  • 20GB:2,000円
  • 通信方式:4G、5G
  • 速度制限時の通信速度:最大200kbps~300kbps
  • 事務手数料:登録手数料:3,300円、SIMカード発行手数料:約433円
  • iPhone販売の有無:中古のみ取り扱い(未使用品もあり)
デュアルSIM利用でお得になるキャンペーン実施中

ワイモバイル

ワイモバイル
iPhoneにおすすめの格安SIM4位
  • 家族割、ネットのセット割で月額990円~
  • eSIM限定で11,000円分PayPayポイント還元
  • 3GB:2,178円
  • 15GB:3,278円
  • 25GB:4,158円
  • 通信方式:4G、5G
  • 速度制限時の通信速度:シンプルM/L:最大1Mbps
  • 速度制限時の通信速度:シンプルS:最大300kbps
  • 事務手数料:3,300円(オンラインなら無料)
  • iPhone販売の有無:iPhone SE(第3世代)、iPhone 12【認定中古品】iPhon11、 iPhone 8
タイムセールでiPhone旧機種への乗り換えが安い

iPhone向けのおすすめ格安SIMを解説

iPhone13

画像引用元:Appleのイベント – Apple(日本)

それでは、ランキングで紹介した格安SIMについて詳しく解説していきます。

楽天モバイルをおすすめする理由

楽天モバイル

楽天モバイルは、2020年4月から始まった第4のキャリアです。

新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」になって0円運用ができなくなりましたが、データ使用量に上限がないこちらのプランは使い方によってはかなりお得。

2023年6月1日から始まった「Rakuten最強プラン」でも同様に0円運用は出来ません。

しかし楽天回線エリアが拡大して人口カバー率99%になり、料金そのままでデータ無制限という点に変更はありません。

新プランには従来プランから自動的に移行されます。

楽天モバイルのメリット
  • 初期費用がかからない
  • 使い放題プランなら料金は格安
  • 最大19,000ポイントの高額キャンペーン実施中
楽天モバイルのデメリット
  • 低容量プランは若干高め
  • 提供エリア外の可能性がある

楽天モバイルの月額料金

通信量月額料金
0~3GB1,078円
3~20GB2,178円
20GB~3,278円
詳細楽天モバイル公式を見る

なお、楽天モバイルは契約事務手数料や契約解除料、SIMカードの再発行など、基本的な手続きの手数料は無料です。

データ量をたっぷり使う方にとっては、間違いなく楽天モバイルが最安値です。

新しいキャリアのため提供エリア整備中というのが懸念点でしたが、2023年6月時点で人口カバー率99%を達成!
2023年6月1日サービス開始!Rakuten最強プラン(料金プラン) | 楽天モバイル
以前までのイメージよりは、かなりつながりやすくなっているようです。

新作iPhoneはじめ、高性能・新型の端末を安く購入できるのもメリットですね。

楽天モバイルのiPhoneトク得乗り換えキャンペーン

\お得なキャンペーン実施中!/楽天モバイル公式を見る

閉じる

ahamoをおすすめする理由

ahamo(アハモ)

ahamoをおすすめする理由
  • 他社と比較して通信速度が速い
  • 5分間無料通話がある
  • 海外での利用に手続きなし・エリアも広い
  • ahamo大盛り(100GB・4,950円)はコスパがめちゃくちゃ良い
  • ギガを使い切っても最大1Mbpsで通信できる
  • iPhoneの新機種をドコモオンラインショップで購入してahamoに乗り換えるとお得

ahamoの通信速度は、実測値で下り102.86Mbpsと非常に速いのでとても快適に通信できるでしょう。

地味に嬉しい通話無料オプションや海外で快適に利用出来る点も好評で、人気の秘訣となっています。

せっかく高額なiPhoneを使うなら最大限フル活用したいなら、ahamoがおすすめです。

またahamo大盛り(100GB・4,950円)」なら、1GBあたり50円とコスパは抜群なので、データを大量に使う月は追加してもお得なので嬉しいですね。

ahamoの料金プラン

ahamoの料金プランahamoahamo大盛り
月額料金2,970円4,950円
データ容量20GB100GB
超過後の速度制限最大1Mbps
通話サービス国内通話5分無料
通話料:22円/30秒
無制限かけ放題 1,100円/⽉
海外での使用20GBまで無料(追加料金不要)
事務手数料0円
詳細ahamo公式を見る
ahamoで販売中のiPhone(ドコモオンラインショップを含む)
  • iPhone14シリーズ
  • iPhone13シリーズ
  • iPhoneSE(第3世代)
  • iPhone12【認定中古品】
  • iPhone11【認定中古品】
  • iPhoneSE(第2世代)【認定中古品】
  • その他リユース商品は随時更新

ahamoは端末持ち込みでもキャンペーンでdポイントの還元を受けることが出来るのでおすすめです。

ahamoのキャンペーン

\お得なキャンペーン実施中!/ ahamo公式を見る

y.uモバイルをおすすめする理由

y.u mobileのキャンペーン

画像引用元:最大4カ月の月額基本料金が無料|y.u mobile

y.uモバイルをおすすめする理由
  • スマホと一緒にU-NEXTもお得に楽しめる
  • 余ったギガは100GBまで永久繰り越し可能
  • スマホ修理費用保険が無料

y.uモバイルは、ドコモ回線を利用したMVNOで、USEN-NEXT HOLDINGSとヤマダホールディングスが共同出資したMVNO事業です。

USEN-NEXT HOLDINGSが母体であるため、スマホのプランにU-NEXTの月額料金も含まれているというユニークなサービスが魅力です。

余ったギガは無期限で繰り越し可能だったり、無料でスマホ修理費用保険が付いていたりとユーザーに嬉しいサービスが充実しています。

通信速度も安定して速く、普段からよく動画を見る人にもおすすめです。

y.uモバイルの料金プラン

料金プランシングルシングル
U -NEXT
シェア
U-NEXT
データ容量5GB10GB20GB
月額料金1,070円2,970円4,170円
ギガの永久繰り越し
データチャージ1GBチャージ330円
10GBチャージ1,200円

y.uモバイルではiPhoneの販売は中古品のみです

そのため、新品の端末が欲しい人はキャリアやApple公式で購入して用意する必要があります。

\最大4ヶ月無料!/y.u mobile公式を見る

LINEMOをおすすめする理由

LINEMO(ラインモ)の月額無料キャンペーン

画像引用元:【公式】LINEMO – ラインモ

LINEMOをおすすめする理由
  • ソフトバンク回線を低価格で利用できる
  • 大型キャンペーンを頻繁に実施
  • かけ放題オプションで通話もお得に

LINEMOは、ソフトバンクが運営するオンライン専用の格安SIMです。

ソフトバンク回線が使えるため比較的安定した通信速度が期待できます。

さらにオンライン専用で店舗サービスがないため、その分料金はソフトバンクやワイモバイルと比べても安くなっています。

データ繰り越しはありませんが、かけ放題などのオプションはあるため通話も使いたい人でも満足できるでしょう。

LINEMOの料金プラン

項目スマホプランミニプラン
月額基本料2,728円990円
データ通信容量20GB3GB
通信方式4G・5G*
速度制限時の通信速度最大1Mbps最大300kbps
音声通話30秒22円
詳細LINEMO公式を見る

LINEMOでは端末の販売がありません

そのためLINEMOでiPhoneを使いたい場合は、元々使っているiPhoneを利用するか、AppleストアなどでiPhoneを購入してからLINEMOに申し込みましょう。

LINEMOの動作確認済み端末としては、ほとんどのiPhoneが対象となっています。

最新のiPhone も動作確認が済んでいるので、新しい機種を使いたい人にもLINEMOはおすすめです。


\お得なキャンペーン実施中!/LINEMO公式を見る

mineoをおすすめする理由

mineoのキャンペーン

画像引用元:マイピタ割引キャンペーン|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoをおすすめする理由
  • 使い方に合わせて選べる低価格プランが人気
  • 独自サービスが豊富で工夫次第で更にお得
  • iPhoneの販売や保証サービスも提供

mineoは「MVNO業種 顧客満足度1位」に選ばれた格安SIMです。

音声通話SIMとデータ通信専用SIMの2種類があり、データ通信量は4種類も用意されているなど、料金プランが豊富なことも特徴と言えるでしょう。

さらにmineoユーザー同士でデータをシェアできる「フリータンク」や広告のデータ利用料が無料になる「広告カウントフリー」など他社にはない独自サービスも魅力です。

mineoの料金プラン

データ量通常料金
1GB1,298円
5GB1,518円
10GB1,958円
20GB2,178円
32kbps(使い放題)250円
300kbps(使い放題)660円
1.5Mbps(使い放題)990円
3Mbps(使い放題)2,200円
詳細mineo公式を見る
mineoで販売中のiPhone
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 12

セット購入での割引率などは、キャリアのサブブランドと比べても遜色のない品ぞろえとなっています。

また、現在iPhone保証3カ月間無料キャンペーンも行っているので、新規で購入したい人は要チェックです。

\お得なキャンペーン実施中!/mineo公式を見る

IIJmioをおすすめする理由

IIJmio キャンペーン

画像引用元:ギガ増量!先行記念キャンペーン | IIJmio

IIJmioをおすすめする理由
  • データ使用量の設定が小刻みで無駄がない
  • 法人向け回線で30年以上の実績があり信頼度が高い
  • 美品の中古iPhoneを格安で販売

IIJmioは、iPhoneで使える格安SIMの中でも料金プランが豊富な格安SIMです。

契約できるSIMカードも、音声・SMS・データ専用・eSIMの4種類も用意されているので、自分に合ったSIMを使うことができるでしょう。

データ使用量も豊富で、2GB・4GB・8GB・15GB・20GBの5種類あります。

IIJmioの料金プラン

項目音声/音声eSIMSMSデータデータeSIM
2GB850円820円740円440円
5GB990円970円900円660円
10GB1,500円1,470円1,400円1,100円
15GB1,800円1,780円1,730円1,430円
20GB2,000円1,980円1,950円1,650円
詳細IIJmio公式を見る

現在、IIJmioでは中古iPhoneが販売されています。

中古といっても未使用品や美品が多いため、安心して使うことができます。

中古のみ取り扱っているため、タイミングによって品ぞろえは変化しますが、主に以下のようなiPhoneが販売されています。

IIJmioで販売中のiPhone(一例)
  • iPhone 8:美品
  • iPhone SE(第3世代):未使用品
  • iPhone 13 :未使用品

セット割を利用すれば少し古い機種を格安で買える可能性もあるので、もし気になったら一度ラインナップを確認してみてください。

他にもIIJmioの動作確認済み端末として、ほとんどのiPhoneが対象となっています。

\お得なキャンペーン実施中!/IIJmio公式を見る

ワイモバイルをおすすめする理由

ワイモバイル キャンペーン

画像引用元:Yahoo!モバイル – 【期間限定】ワイモバイルのSIM 合計最大26,000円相当おトク!(条件あり)

UQモバイルをおすすめする理由
  • ソフトバンクサブブランドで通信速度が安定
  • 実店舗数が多く対面でサポートが受けられる
  • 毎日実施のタイムセールでiPhoneも安くなる

ワイモバイルは家族割、セット割など各種割引が豊富な格安SIMです。

さらにソフトバンクのサブブランドであるため、通信速度はソフトバンクと同等程度が期待でき、全国のソフトバンクショップのサービスも受けることができます。

料金プランは「シンプルS・M・L」の3種類のみで、使い切れなかったデータは翌月に繰り越すことも可能です。

ワイモバイルの料金プラン

項目シンプル2 Sシンプル2 Mシンプル2 L
月額基本料2,365円4,015円5,115円
光セット割もしくは家族割適用時1,078円2,178円3,278円
通信量1GB以下の割引対象外-1,100円-2,200円
データ通信容量4GB20GB30GB
データ増量オプション時+2GB増量
6GB
+5GB増量
25GB
+5GB増量
35GB
制限時の通信速度最大300kbps最大1Mbps最大1Mbps
通話料22円/30秒
詳細ワイモバイル公式を見る
ワイモバイルで販売中のiPhone
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 12
  • iPhon11【認定中古品】
  • iPhone 8【認定中古品】

他にもワイモバイルの動作確認済み端末として、ほとんどのiPhoneが対象となっています。

ワイモバイルオンラインショップではタイムセールを頻繁に行い、iPhoneも割引価格で販売しています。

特に認定中古品は割安なので、セールのタイミングを狙って乗り換えるのもおすすめです。

\お得なキャンペーン実施中!/ワイモバイル公式を見る

iPhoneで格安SIMを使うデメリット・注意点

demerit

ここからは、iPhoneで格安SIMを使うデメリット・注意点について解説します。

料金面では圧倒的にメリットが大きいですが、必ずしも良い点ばかりではありません。デメリットを理解した上で、効果的に利用しましょう。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

購入できない機種がある

【ショップ限定】対象製品購入でさらにポイント還元キャンペーン | キャンペーン・特典 | 楽天モバイル

MNPのタイミングで機種変更したいという人にとっては、格安SIMで販売されているiPhone機種は限られているため必然的に選択肢が少なくなりがちです。

Appleや大手キャリアなら取り扱っている機種でも格安SIM会社では販売されていないことも多いため、乗り換え先で新しいiPhoneを購入したい人は注意しましょう。

iPhone・Androidともに最新モデルは、ほとんどの格安SIMで扱われていません。

最近の販売端末はSIMロックがかかっていないので、大手キャリアやApple公式で端末だけを購入+格安SIMを契約という使い方も考えてみてください。

SIMロック解除が必要になることも

SIMロック解除

画像引用元:SIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモ

SIMロックとは、ドコモ・au・ソフトバンクが自社のSIMカードしか使えないように端末に制限をかけていることです。

SIMロックがかかっていると、その端末で格安SIMを使うことはできません。

現在は基本的にSIMロックをかけることが禁止になっているため、SIMロックがかかっていない機種を持っている人も多いでしょう。

ですが、過去に大手キャリアからiPhoneを買った人は、SIMロックがかかっている可能性があります。

SIMロックがかかっているか事前に確認し、かかっていたら解除手続きをするようにしてください。

解除すれば、全ての格安SIMで使えるようになります。

ちなみにAppleストアで販売されているiPhoneは全てSIMフリー版なので、格安SIMでも問題なく使えます。

APN設定をする必要がある

iPhoneを格安SIMで使う場合、自分でAPN設定をしなければなりません。

APN設定とは「アクセスポイントネーム」のことで、インターネットに接続するために必要な手続きです。

大手キャリアではあらかじめ設定されていますが、格安SIMの場合は自分で設定する手間がかかります。

iPhoneの場合は、格安SIMのWEBサイトからプロファイルをダウンロードし、設定アプリでインストールすれば完了です。

スムーズに済めば3分ほどで終わる作業なので、説明を見ながら設定しましょう。

もしわからない場合はチャットや電話でサポート対応している会社も多いので、ぜひ活用してみてください。

iPhoneで格安SIMを使うメリット

merit

次に、iPhoneで格安SIMを使うメリットを解説します。

ほとんどの格安SIMがiPhoneに対応している

iPhone14

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

日本ではiPhoneを利用している人の割合がとても多いです。

MMD研究所が2022年に行った調査では、iPhoneが44.1%でAndroidが51.5%と、半数近くがiPhoneユーザーという結果になっています。
そのため、格安SIMの対応機種・動作確認済み機種でもiPhoneが入っていないことはありません。

今回紹介した格安SIMでも、すべて最新のiPhone 14まで対応しています。

Androidの場合、機種によっては格安SIMに対応していないものもあり、折角利用したい会社やプランがあってもあきらめざるを得ないという場合も。

ユーザーの多いiPhoneだからこそ、格安SIM選びで対応の可否を心配する必要がありません

端末そのままで通信料金を安くできる

UQモバイルSIMのみ乗り換え手順

画像引用元:SIMのみ|UQ mobile(モバイル)【公式】

iPhoneのAndroidにはない大きなメリットのひとつとして、OSのサポート期間が長いという点が挙げられます。

具体的なサポート期間は示されていませんが、2015年に発売したiPhone 6sの場合には2022年まで、実に7年間もアップデートに対応してくれていました。

たとえば大手キャリアの分割支払いでiPhoneを購入したとして、その料金が払い終わった後でもiPhoneはまだまだ現役で使い続けられるということ。

同じ機種を長く大切に使いたいiPhoneユーザーにとっては、機種そのままで格安SIMに乗り換えれば毎月の通信料金だけを安くすることができます。

手持ちのiPhoneで格安SIMに乗り換える手順

手順・流れ

ここでは、iPhoneで格安SIMに乗り換える手順を解説します。

下記の手順で乗り換えることができるので、参考にしてください。

それぞれの手順を具体的に見ていきます。

手順1:SIMフリーの状態のiPhoneを用意

iPhone 13

格安SIMでiPhoneを使うためにはSIMフリーの端末が必要です。

SIMロックがかかっている人は、いま使っているキャリアでSIMロック解除の手続きを行ないましょう。

ただし、例えばauで購入したiPhoneのままUQモバイルに乗り換える場合、UQモバイルはau回線を利用しているため、SIMロック解除が不要になることもあります。

SIMロックがかかっているかどうか、かかっている人は乗り換え先の格安SIMが現在と違う回線かどうかを確認してください。

手順2:MNP予約番号を取得

いま使用している電話番号を乗り換え先のキャリアで引き継ぐ場合、MNPの手続きが必要です。

そのため現在契約しているキャリアからMNP予約番号を取得しましょう。

店頭や電話、Webサイトなどで取得することができます。

MNP予約番号は無料で取得できますが、取得した日を含めて15日間の有効期限が設けられています。

期限が切れると番号を再取得しなければいけなくなるため、番号を取得したらなるべく早く格安SIMに申し込んでください。

手順3:格安SIMへ申し込み

続いて、乗り換え先の格安SIMへ申し込みます。

MNP予約番号の期限があるため、料金プランやオプションは事前に決めておきましょう。

格安SIMの手続きはWEBサイトで行なうのが一般的です。

サイトから「申し込み」をクリックし、本人情報や支払い方法を入力して手続きを進めてください。

手順4:届いたSIMカードをiPhoneに挿入

格安SIMへの申し込みが完了すると、数日でSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたらiPhoneに挿入しましょう。

iPhoneの購入時に付属していたSIMピンを使って、iPhoneの側面にあるSIMカードトレイを取り出して、新しいSIMカードに替えます。

ちなみにeSIMを契約した場合は物理SIMの挿入手続きは不要です。

手順5:回線切り替え手続き

他キャリアから格安SIMへ乗り換える場合、回線切り替えの手続きが必要です。

回線切り替えの手続きとは、いままで利用していたキャリアを解約して、格安SIMの利用を開始するための手続きです。

手続きをしないと格安SIMで使用することができないため注意しましょう。

SIMカードに同封されている「設定マニュアル」に沿って進めていくと、切り替え手続きは完了します。

手順6:APN設定

最後にiPhoneのAPN設定を行ないます。

インターネットに接続するための手続きなので、必ず設定するようにしましょう。

専用プロファイルをインストールするだけなので、特に難しい作業はありません。

プロファイルをダウンロードするときにネット環境が必要になるため、Wi-Fi環境下で行なうようにしてください。

▲目次に戻る

格安SIMでもiPhoneは快適に使える!

iPhone14

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

今回はiPhone向けのおすすめ格安SIM7社をランキング形式紹介しました。

各格安SIMで発売されているiPhoneの機種はバラバラなので、乗り換え先で新しいiPhoneを購入したい人は、欲しい機種が販売されているか確認してから格安SIMに申し込んでください。

すでにiPhoneを持っていたり、Appleストアや家電量販店などで調達したiPhoneを利用するなら、ほとんどの格安SIMで動作確認が済んでいます。

ぜひ自分に合った格安SIMに乗り換えてください。

▲目次に戻る

ahamo(アハモ)に関する公式からの注意事項

  • ※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。
  • サポートについて
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。
    ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円) をご利⽤ください。
    なお、お申込み時の端末操作はお客さまご⾃⾝で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移⾏などは本サポートの範囲外となります。
    端末初期設定およびデータ移⾏の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途お申込みください。
    ※2お客さまのご要望に基づき、ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を⾏うものです。
    ※3お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専⽤サイトからのお⼿続き補助を⾏うものです。
  • オンライン⼿続きについて
    ※サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます。
  • ⽉額料⾦について
    ※機種代⾦別途
  • 国内通話料⾦について
    ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。
    「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。
  • 海外パケット通信について
    ※15⽇を超えて海外で利⽤される場合は速度制限がかかります。
    国内利⽤と合わせての容量上限です。
  • 端末のご契約について
    ※ご利⽤端末がドコモで提供している通信⽅式とは異なる通信⽅式のみに対応している機種の場合、
    またSIMロック解除がなされていない場合についてはahamoをご利⽤いただくことはできません。
    ご利⽤中の機種が対応しているかはahamoサイトにてご確認ください。
  • SIMカードのご契約について
    ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。
この記事を書いた人
在宅ナレーターをしながら、格安SIM好きが高じて格安SIMに関するライターもしています。キャンペーンや新プランが目白押しで目が離せないですね。 iPhoneとAndroidの2台持ち。